日本の祭りの中でも一番盛り上がるのは、花火大会、出店、神輿、山車などが組み合わさった夏祭りではないでしょうか。今年も、7月~8月には例年同様日本全国で多種多様の夏祭りが行われます。

ここでは、夏祭りをより楽しむためのポイントを3つお知らせします。

浴衣や甚平を着て雰囲気を盛り上げる

気分の盛り上げに一役買うのは、やはり装いです。男性は甚平できりりと、女性は華やかな浴衣を着て雰囲気たっぷりの夏祭りを堪能しましょう。現代的なアレンジを試してみたり、ヘアスタイルを工夫してみたりして、自分好みのテーマで着飾るのも楽しみの一つです。

花火大会の隠れ鑑賞スポットを探す

とにかく混雑する花火大会では、なるべく良い環境でストレスフリーに花火を楽しみたいもの。ほとんどの観光客は主要な花火会場へ向かいますが、地元の人しか知らない穴場の花火鑑賞スポットなどを調べておくと良いでしょう。花火大会会場付近に住んでいる知り合いがいれば、聞いてみるのをおすすめします。またインターネットでよく探せば情報が見つかる場合もあります。都心ではなかなか見つけにくいかもしれませんが、地方や郊外の祭りではおすすめです。

水分、暑さ対策は万全にしておく

浴衣をしっかり着て楽しむお祭りに大敵なのが暑さです。気分が悪くなってしまっては元も子もないので、うちわや扇子を持っていったり、アイスノンなどの冷却材をハンカチにくるんで持ち運ぶなど暑さ対策をしましょう。ペットボトルは水分補給のために携帯し、補給できる自動販売機やコンビニの位置を把握しておくことも大切です。